資料請求はこちら
- voice - interview 2022

身に付けるものを
大切にしようという
気持ちに

飯塚さん(50代)

Q 着付け教室に通うきっかけは?

娘が高校に入学するときに、タンスの肥やしになっていたきものを自分で着て入学式に参列したいと思い、教室に通い始めました。

Q 着付け教室に通ってよかったことは?

楽しいお友達がたくさんできたことが本当によかったです。
日本和装は、伝統工芸について学ぶ機会があるのもうれしい。職人さんや伝統工芸士の方に、きものや帯ができるまでのお話を伺い、それを知ることによって、身に付けるものを大切にしようという気持ちが溢れてきました。

Q きものが着られるようになってよかったことは?

今まで普通に洋服で出かけていましたが、自分で着られるようになると「あ!今日はきものでお出かけしよう」と、どんどんきものを着て出かけるようになりました。
美術館に行くのが大好きなんですけれども、美術館にきもので行けることが楽しいです。

  • facebook
  • line
  • twitter

ページの先頭へ

- voice -
卒業生の声

  • 新型コロナウイルス感染予防のため、
    教室運営に細心の注意を払っております。
感染予防対策について詳しく

安心してご利用いただくため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スタッフの取り組み

・体温計測、体調チェックの徹底
・こまめな手洗い、うがい、手指の消毒
・フェイスガード、マスクの着用
・換気と空気清浄機の使用

受講者の皆さまへのご協力のお願い

・マスクのご着用
・体調アンケートへのご記入をお願いします。
・出入口などに設置の消毒用アルコールをご利用ください。
・体調不良の際はお気軽に日程振替をご相談ください。

体調不良の際は無理をせず、0120-154-829までご連絡ください。日程振替のご相談もお気軽に。
教室検索はこちら