これからもずっと、安心してきものを楽しんでいただくために。

きもの文化を次代につないでいくためには、暮らしに根付かせることが大切です。きものを着る人を増やし、きものや帯を作る生産者を活性化させるため日本和装はさまざまな取り組みをしています。



  • facebook
  • line
  • twitter

ページの先頭へ

教室検索はこちら