会社案内

ごあいさつ


株主の皆さまには平素より格別のご支援ご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。

2021年度は、新型コロナウイルス感染症の影響が継続し、複数回の緊急事態宣言の発出やまん延防止等重点措置が適用されるなど、営業活動と感染拡大防止という両輪を同時に確立させることが求められる中、当社および、重要子会社である株式会社はかた匠工芸、ニチクレ株式会社を中心とする日本和装ホールディングスグループは、新組織体制として3期目をスタートしました。
当社がビジネスの主戦場にしている和装業界においても、催事の制限や需要の落ち込みなど、先行き不透明な状況は続いており、一層、業界全体の市場再編に拍車をかけるきっかけになったことは間違いありません。

一方で、このような厳しい事業環境のもと、当社は、既存のビジネスモデルに新しいサービスを取り入れ、より一層お客様にきものの魅力を感じていただけるよう質の高いサービスを提供してきたことにより、コロナ禍においても業績を残せる体制が維持できたものと考えております。 感染予防対策を徹底した上で、少人数制はもちろん、出張個人レッスン型の教室など個別制を重視したことが特別感の演出に繋がり、より希少価値の高い伝統工芸品でもあるきものや帯の販売仲介の成約となりました。今後も事業環境に迅速に適応し、さらなる質の高いサービスを提供してまいります。

当社の「教えて、伝えて、流通を促す」という確固たるビジネスモデルは、コロナ禍であっても売上・利益を確立できる仕組みであると確信しております。また、日本和装グループ内で製造から、縫製・仕入れ・流通・販促・アフターケアまで完結できる、いわば和装業界におけるワンストップグループシナジーを発揮できることが、当社グループの最大の強みであります。これからもこのグループ企業の力を活かして、市場全体のシェア拡大並びに、和装文化継承の一翼を担いながら事業展開を続けてまいります。そして、当社の夢であり、社会的意義がある「きものを世界遺産へ」を成し遂げるべく、鋭意努力してまいります。

株主の皆さまにおかれましては、引き続きご支援いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

道面義雄

2022年3月
日本和装ホールディングス株式会社
代表取締役社長 道面義雄
Youtubeチャンネルはこちら



  • facebook
  • line
  • twitter

ページの先頭へ

教室検索はこちら