資料請求はこちら
- voice - interview 2020

きものが着られる
ようになって
夫が変わった

伊藤さん(50代)
2006年秋 宇都宮教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

祖母がきもので一日中過ごしていて、5歳のころに、祖母の履く白足袋がすっごく色っぽく感じたんです。私もおばあちゃんになったら絶対色っぽい女性になってやるって思っていました。
同窓会に着て行きたかったり、きもの好きのお友達を作りたかったこともあり、日本和装の無料のCMを見て、これは、ここに行くしかないと思い決断しました。着付け費用がもったいない!美容室の着付け料を浮かせたいっていうのもあります。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

一番変わったのは、夫です。背中だけに、手を入れてキュッと背中のしわを伸ばしてくれるんですよ。唯一のスキンシップです(笑)。
同窓会にもきもので行くことができ、お友達もできました。当初の目標ははすべて達成できました。また、旅行や外出先で外人さんに止められ写真の「モデル」をお願いされます。ちょっとうれしいです。

  • facebook
  • line
  • twitter

ページの先頭へ

- voice -
卒業生の声

  • 新型コロナウイルス感染予防のため、
    教室運営に細心の注意を払っております。
感染予防対策について詳しく

安心してご利用いただくため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

スタッフの取り組み

・体温計測、体調チェックの徹底
・こまめな手洗い、うがい、手指の消毒
・フェイスガード、マスクの着用
・換気と空気清浄機の使用

受講者の皆さまへのご協力のお願い

・マスクのご着用
・体調アンケートへのご記入をお願いします。
・出入口などに設置の消毒用アルコールをご利用ください。
・体調不良の際はお気軽に日程振替をご相談ください。

体調不良の際は無理をせず、0120-154-829までご連絡ください。日程振替のご相談もお気軽に。
教室検索はこちら