きものの種類

きものには「染めのきもの」と「織りのきもの」があり、また「格」があります。

ここでは、代表的な7種類のきものを格や用途を目安として紹介。
紋の種類や数、きものの柄や合わせる帯、小物などによっては例外もあります。

染め
黒紋付[くろもんつき] 日本の心を表現する「最高の礼装」
  • 未既婚を問わない最高礼装
  • 華やかで格式の高い袋帯と合わせ、お祝いの気持ちを込めて慶事に
  • 黒の名古屋帯(黒共帯)で喪の意を表して弔事に
黒紋付

黒一色の無地に五つ紋(背、両胸、両袖)を入れた黒紋付は、最も格が高い装い。帯によって慶弔どちらにも着用することができる。

衿

背中の紋(背紋)はご先祖様を、胸の紋(抱き紋)は両親を、両袖の紋(袖紋)は兄弟や親戚を表している。

染め
留袖[とめそで] 最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる
  • 第一礼装(礼装)
  • 人生の中の通過儀礼としての用途に(結婚式など)
  • 帯は喜びが重なるという意味から「袋帯」を結ぶ
 黒留袖

[黒留袖]
既婚女性の祝儀用で、五つ紋が入っている。

 色留袖

[色留袖]
紋付き、裾模様が特徴。
既未婚を問わず着ることができる。

比翼衿

本来は白羽二重のきもの(下着)を重ねて着るもの。
最近では、比翼仕立て(衿や裾、袖を二枚重ねて着ているように見える仕立て)が一般的である。

染め
訪問着[ほうもんぎ]  ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴
※紬地もあります
  • 第二礼装(略礼装)
  • 晴れやかな場所でのおよばれに
  • 袋帯を結ぶ
訪問着

肩から胸、袖を通り裾まで
ひと続きになった絵羽模様が特徴。
白生地を仮仕立てしたものに絵をつけている。

染め
付け下げ[つけさげ]  柄がすべて上向きになっている
  • 第二礼装(略礼装)
  • 晴れやかな場所のおよばれに
  • 袋帯を結ぶ
付け下げ

訪問着と同格。
反物のまま柄がすべて上向きになるように
染めるのが特徴

染め
色無地[いろむじ]  一色無地の染めのきもの
  • 紋をつければ第二礼装(略礼装)
    なければおしゃれ着(外出用)
  • 紋があれば袋帯、なければ名古屋帯も結べる
色無地

紋をつければ訪問着とほぼ同格で組み合わせる
帯や小物によって、明るめの色のものは慶事、
暗めは弔事用になる。

染め
小紋[こもん]  おしゃれ着の代表格
  • しゃれ着(外出着)
  • 普段着、街着として
  • 袋帯(柄や素材による)、名古屋帯、半幅帯
小紋

気軽なおしゃれ着として楽しめ、
多彩な着こなしが楽しめる。
江戸小紋などは、格が高いとされる。

織り
[つむぎ]  しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富
  • しゃれ着(外出着)
  • 普段着、街着に
  • 袋帯(柄や素材による)、名古屋帯、半幅帯
紬

素朴で温かみのある生地。
高価な結城紬や大島紬などもあり、奥が深い。


ページの先頭へ