私にとって
きものは
日常であり非日常

簑島さん(60代)ピアニスト・フラワーアーティスト
2010年春 あざみ野教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

私の友人が急にきものにハマりまして、和服を着てかっこよくて、ああいう人になりたい!と憧れました。私はちょっと背も高くて、きものとは縁がないかなって。でも、家から近いところに日本和装さんの教室があったこともあり、無料のCMに惹かれて門を叩きました。
娘の大学の入学式には自分で着付けたきもので出ることができました。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

私にとってきものは、日常であり非日常で、一つのコスプレみたいな感じ。別人を演出できるような。
日々きものを着てコンサート行ったり、映画に行ったり、主人とお出かけしたり楽しんでいます。娘や親戚に着せてあげて、株が少し上がったかなとおもいます。
足がしびれちゃうので、お茶会なんてとんでもないと思ったんですけど、せっかくだからきもので行こう!っていう楽しみも増えました。

他の卒業生のコメントを見る

さぁ、2020年は日本和装で

あなたも「着付け」
始めましょ


教室検索はこちら
お電話からもお気軽に
フリーダイヤル 0120-154-829
月〜金 9:00〜18:00(土日祝を除く)