学びながら
教えてもらい
努力しています

渡辺さん(50代)会社員(経理)
2009年春 牛久教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

私は、母が亡くなったときに、箪笥にたくさんきものがあって、結構きれいなきものがあったので、その美しさに「あ、こんなきものが着られたら素敵かな」と。毎回、出かけるときに着せてもらうよりは、自分で着るほうが簡単で一番手っ取り早いと考えて、教室で習うことにしました。日本和装は簡単に着られるってうたっていましたので、習いはじめました。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

皆さんを見ていると、「うわ、きれい!」と思う方が多くて、その影響で美意識が上がりました。子どもが男の子ばっかりなので、肌とか手入れもせず、35歳くらいまではノーメイクで過ごしていたのですが、どうやったら美しく見せられるかを勉強するようになりました。お肌の手入れをしたり、爪の手入れをしたり、私も真似したい、近づきたいという気持ちで、ひとつずつ調べながら学びながら、教えてもらい、努力しています。

他の卒業生のコメントを見る

さぁ、2020年は日本和装で

あなたも「着付け」
始めましょ


教室検索はこちら
お電話からもお気軽に
フリーダイヤル 0120-154-829
月〜金 9:00〜18:00(土日祝を除く)