主人が大切に
してくれるように
娘たちも尊敬の眼差し

池田さん(40代)フローリスト
2018年春 自由が丘駅前教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

日本女性としてのたしなみを身に付けたくて、きものを着るようになりたいなと思いました。母がきものを着ているのを、子どものときから見てたので、やはりそれは受け継いでいきたいと思って。日本の女性としてきちんと着られるという誇りを持ちたかったです。様々な種類のきものや帯、さらには産地や原料、技法など知識として勉強したかったのも始めた一つのきっかけです。
あとは、主人にきものが着られる女性なんだぞ!っていうところを、アピールしたくて。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

今はきもので出かけるときは「送っていこうか」と送り迎え付きになりました。主人が仕事で送れないときに、私が「歩いて行くから大丈夫」と言うと、「草履がすり減っちゃうよ」って言ってくれたんです。もう、笑っちゃう。きもののときはすごく大切に扱ってくれるようになりました。
娘が3人いるんですけど、娘たちには、尊敬の眼差しで見られています。気持ち的には最高です。

他の卒業生のコメントを見る

さぁ、この秋はあなたも
一緒に始めましょ


教室検索はこちら
お電話からもお気軽に
フリーダイヤル 0120-154-829
月〜金 9:00〜18:00(土日祝を除く)