お茶のお稽古が
きっかけで
きものを着るように

中町さん(50代)英語教室
2009年春 大宮駅前教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

私、12年ほど前からお茶を習いはじめまして、最初の1年間ぐらいは、洋服でお稽古に行っていたのですが、あるとき先生から「そろそろおきものね」と言われ「分かりました」と、いよいよ自分できものを着なくては!と重い腰を上げました。
今は動画などでも着方を見ることができますが、私は教えていただいてしっかり身に付けたいと思い、習いはじめました。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

きものを着るようになり、町を歩くと視線を感じることが増えました。初めは恥ずかしかったのですが、だんだん快感になってきました。「良いですね~!」と着姿を褒めていただき、褒められる喜びを感じるようになりました。
写真を撮るときに、笑うことが苦手だったのですが、この頃はカメラに向かってニコニコ、自然に笑顔になり、楽しそうに写真に撮ってもらうことができるようになりました。すごく、性格が明るくなってきたという感じがします。

他の卒業生のコメントを見る

さぁ、この秋はあなたも
一緒に始めましょ


教室検索はこちら
お電話からもお気軽に
フリーダイヤル 0120-154-829
月〜金 9:00〜18:00(土日祝を除く)