女性なので、
注目されるのは
すごくうれしい

田村さん(50代)自営
2007年春 銀座教室受講

Q 日本和装の着付け教室に
通いはじめたきっかけは?

小さい頃から祖母がずっときもので、死ぬまできものを着ていたんですね。何か行事があるときは必ず着せてもらっていたのですが、やっぱり今度は、自分で着られるようになりたいな、と思ったことがきっかけです。 アメリカ人のお友達に「あなたは、きものが着られますよね」と言われた時に、「着られない」と思って、これはいけない!と通うことにしました。

Q きものを着られるようになって、
変わったことは?

着付けのお稽古にきものを着ていったんです。そしたらもう、家からその教室に向かう間だけでも、何人もの方に振り返ってもらえて、やった!って。やっぱり、女性からも、男性からも注目していただけるのはうれしいです。
海外の方にきものを着ている姿を見ていただくと、すっごく喜んでくださる。「そのきものがほしい」って言われたことも。 海外の方に褒められると、自分の世界の幅が、広がった気がします。日本人としてのアイデンティティを再確認出来て、ちょっと鼻が高くなります。

他の卒業生のコメントを見る

さぁ、この秋はあなたも
一緒に始めましょ


教室検索はこちら
お電話からもお気軽に
フリーダイヤル 0120-154-829
月〜金 9:00〜18:00(土日祝を除く)